スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸の女性不明で捜索 40代男「京都に遺体捨てた」 兵庫県警(産経新聞)

 神戸市中央区の30代の女性が行方不明になり、この女性の関係者の男が兵庫県警の事情聴取に「頼まれて(遺体を)捨てた」と供述していることが22日、分かった。県警は男の供述をもとに、京都府綾部市内の山林を捜索するとともに、女性が何らかのトラブルに巻き込まれた可能性が高いとみて、死体遺棄容疑で捜査を始めた。

 捜査関係者によると、女性は平成20年10月に行方が分からなくなり、九州に住む女性の姉が県警に家出人捜索願を出していた。男は40代で大阪市内に住んでおり、今月20日に県警葺合署に出頭、別の人物に依頼されて綾部市内に遺棄したことを供述。「神戸市内から車で遺体を運んだ」などと話しているという。

 女性は当時結婚していたが、夫とは別居中でマンションで1人暮らし。姉と頻繁に連絡を取っていたが、突然2日間にわたって携帯電話が通じなくなったことから、姉が捜索願を提出。その後、県警がマンションの防犯カメラを調べたところ、20年10月下旬の夜に一人で外出する姿が写っていたという。県警は女性の行方を捜索するとともに交友関係を調べている。

【関連記事】
「死んでびっくりした」元会社社長の死体遺棄で無職の男
井戸の遺体を元社長と確認、死体遺棄容疑で男逮捕へ
アパート女性遺体、住人の33歳女を逮捕 東京・瑞穂、死体遺棄容疑で
登米市の山林に女性遺体、死体遺棄容疑で長男聴取
殺人容疑で41歳男を再逮捕 新潟の死体遺棄事件

石川容疑者「党の代表選を意識」 虚偽記載の動機供述(産経新聞)
<親権制限制度>導入を法制審に諮問…法相が方針(毎日新聞)
35歳で年収300万以下 団塊ジュニアの苦難続き人生(J-CASTニュース)
民主党が“検察リーク”対策チームを立ち上げ(産経新聞)
琵琶法師の永田法順氏死去(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。